Curator’s Choice Toggle

Curator’s Choice #7

K・MoPA開館20周年記念「未来への遺産:写真報道の理念に捧ぐ」展について②

清里フォトアートミュージアム 主任学芸員 山地 裕子

前回ご紹介したように「未来への遺産:写真報道の理念に捧ぐ」展のベースとなった展覧会は、半世紀前にコーネル・キャパがニューヨークで企画・構成した“The Concerned Photographer”展だった。原題のconcernという言葉の和訳は、一言で表現するのが難しいが、関心、懸念といった意味を持っている。政治家などがI am deeply concernedと言う場合は、何かについて懸念がある、または憂慮しているという意味になる。The Concerned Photographerを訳すと、社会を憂う写真家、思いやりのある写真家などとなるが、さらに正確に言おうとすれば「世の中に関心を持ち、その状況について改善の必要があると感じている写真家」ということになるだろう。つまり日本語では一言に収まらないのが唯一の難点だが、キーワードとなる言葉なので、ここでは「コンサーンド・フォトグラファー」と、そのまま使用させていただきたい。

銀座・松屋内展覧会場でのアンドレ・ケルテス(右)とコーネル・キャパ(左)、1968年      ⒸHiroji Kubota / Magnum Photos

銀座・松屋内展覧会場でのアンドレ・ケルテス(右)とコーネル・キャパ(左)、1968年     
ⒸHiroji Kubota / Magnum Photos

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<コンサーンド・フォトグラファーの誕生>

写真家コーネル・キャパが、この展覧会を開催したことが、なぜフォトジャーナリズムの新たな活躍の扉をこじ開けたこととなったのか、その理由は、当時未だ報道写真の主な発表媒体が雑誌に限定されていたことにある。イニシアチブはあくまでも編集者にあり、編集方針に従って写真家は取材に向かい、撮影して来た写真は編集者の判断に拠ってトリミングされるなど、写真はいわば編集材料として使われていた。しかし、「コンサーンド・フォトグラファー」たちは、撮影に関して、自分たちが積極的に関心を持ち、必要な時間をかけ、自身の主張を写真によって明らかにしようとする写真家だった。その思いを共有していた兄ロバート・キャパをはじめ、デイヴィッド・シーモア、ワーナー・ビショフらが、1950年代、取材中の事故で相次いで亡くなった。彼らが残した写真の行く末はどうなるのか。写真が失われれば、人々の記憶からも永遠に消え去られてしまうのか。

強い危惧を抱いたコーネル・キャパは、ビショフ未亡人、シーモアの妹とともに、3人の写真家の記念基金を作り、写真集を出版し、若いフォトジャーナリストに賞を出したが、それでも足りないという思いが次第に募っていった。そして、1967年、本展覧会のベースとなった6人の写真家による”The Concerned Photographer”展を企画し、ニューヨークを皮切りに欧米各地を巡回させた。すると、展覧会は、多くの観客を動員し、図録も売れる という快挙を成し遂げた。これらの写真が、印刷物に限らず、ギャラリーの壁に展示する作品としても高い評価を得られたことが、コーネル・キャパの写真美術館設立の確信に繋がって行ったのである。

(つづく)

Curator’s Choice #6

K・MoPA開館20周年記念「未来への遺産:写真報道の理念に捧ぐ」展について①

清里フォトアートミュージアム 主任学芸員 山地 裕子

明日より開催の「未来への遺産:写真報道の理念に捧ぐ」展は、1967年、ニューヨークのリバーサイド美術館にて行われた展覧会“The Concerned Photographer”がベースとなっている。同展は、ロバート・キャパ実弟のコーネル・キャパが、アンドレ・ケルテス、デイヴィッド・シーモア、ロバート・キャパ、ワーナー・ビショフ、ダン・ワイナー、レナード・フリード、6人の作品によって構成したもので、1968年に同名の写真集が出版されている。後のニューヨークの国際写真センター(International Center of Photography、以下ICP)の設立とも深い関わりを持つ展覧会だ。

リバーサイド美術館での展示風景、1967年 ⒸEstate of André Kertész, New York, 2015

リバーサイド美術館での展示風景、1967年
ⒸEstate of André Kertész, New York, 2015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、65歳以上の方は、この展覧会が日本で、1968年に「時代の目撃者 コンサーンド・フォトグラファー」と題され、銀座の松屋にて開催されたことをご存知、さらには実際にご覧になったという方もいらっしゃるのではないだろうか。当時、コーネル・キャパの命を受け、東京での展覧会をコーディネートしたのは、写真家・久保田博二氏であったが、このことは次回に触れたい。

<プリントはオランダで発見された>

本展の展示作品は、2点を除いて全て当館の収蔵作品で、写真集“The Concerned Photographer”の印刷原稿となったプリントだ。そのいきさつをご紹介しよう。

写真集"The Concerned Photographer" 表紙 (Grossman Publishers, New York, 1968)

写真集”The Concerned Photographer” 表紙 (Grossman Publishers, New York, 1968)

1997年、海外のディーラーからK・MoPAに連絡が入った。「The Concerned Photographerの写真集に印刷原稿として使用されたプリントが、まとまった形で見つかった。」という。早速細江館長とともにその詳細を調査した。カタログに収録された作品は全174点で、残念ながら13枚は紛失していたが、161枚が揃っていた。多少の折れなどはあるものの、コンディションは良好。

同写真集が印刷された当時は、原稿となるプリント(写真原稿)を、印刷後に写真家に返却するということが厳密に行われてはおらず、また、プリントそのものがコレクションの対象として売買されるという市場感覚も未だ確立されていなかった時代である。本来なら印刷後すみやかに著作権者の手元に戻るべきプリントが、印刷会社に残ったまま30年が経過し、モノとしての所有権が移ってしまったのである。

カタログの発行者は、ニューヨークの出版社グロスマン(Grossman)で、印刷は、オランダ・ライデンのNed. Rotogravure Mij.N.V.によるグラビア印刷である。グラビア印刷とは、写真の階調を力強く再現する印刷方式で1950〜60年代はまさにその全盛期だった。セルと呼ばれる小さい凹型のくぼみをシリンダーに刻み込み、そこにインクを入れて転写する。印象としては、現在のオフセット印刷に比べるとコントラストが高くなってしまうため、暗部の細かいディテール表現は少々劣るものの、ドラマチックな印象と、こっくりとした暖かみのある風合いを感じることができる。この時代には、グラビア印刷によって、濱谷浩の『裏日本』など多くの名作が生まれている。

 

<収蔵までのプロセス>

収蔵を検討するにあたり、これら6人の写真家の代表作が数多く含まれているこのコレクションが、非常に魅力的であることは疑う余地がなく、収集委員会でも満場一致で承認された。しかし、プリントの所有権について、モノとしての所有権と、著作権の所有権という二つの点において、慎重に整理する必要があった。当時ICPの名誉館長はコーネル・キャパであり、存命だったことも大変幸運だった。ICPの法務担当が仲介を務め、弁護士とも相談しながら、すべての写真家の遺族や著作権者(エステート)全員と交渉し、収蔵や展示に関わる条件がまとまった。そして、ICPから各エステートに「“The Concerned Photographer”にとって価値あるセカンド・ホーム、二番目の家が見つかったことが大変嬉しい」と書かれたICPの書面とともに契約書が郵送され、両者のサインが終わって、1998年、作品はすべてK・MoPAの収蔵となった。当時はまだメールの時代ではなく、約1年にわたりFAXでのやりとりや、夜中の国際電話、そしてICPまで出向いたこともあった。開館20周年にあたる本年、ついにその全貌を初めて公開することができる。写真家たち自身が、フォトジャーナリズムの新たな舞台の扉をこじ開けた記念すべき展覧会だ。

(つづく)

 

Curator’s Choice #5

清里フォトアートミュージアム 主任学芸員 山地 裕子

今年で20周年となるヤング・ポートフォリオ。この間、国内・海外ともに、YP作家の中から写真教育に携わる人が多数出て来ました。さらに嬉しいことに、彼らの教え子がYPに応募し、収蔵となる例も出ています。たとえば、2014年8月に開催した「原点を、永遠に。」展においても、ポーランドのヴォイチェフ・スラーマの隣に展示していたのは、スラーマの教え子、ヤン・ヴァラの作品。バングラデシュのS.M.カコンはG.M.B. アカシュの教え子、国内では、有元伸也、元田敬三らが、東京ビジュアルアーツで教えた頭山ゆう紀やERIC、原田崇孝、石倉徳弘、九州産業大学の百瀬俊哉の教え子だった今村卓馬など、YPを卒業した作家が、次世代のYP作家を生み出しているのです。今後もこのような関係は、続々と生まれてくることでしょう。

YPに応募して、作品を収蔵されたことに、アーティストとしてどのような意味があると感じたのか。当然のことながら、実際に体験した彼らの言葉が最も力を持っているのです。

昨年、YP卒業作家のヤニス・ガラノプロス(ギリシャ、1976年)が、アラブ首長国連邦(UAE)の大学で写真を教え始めたことを知りました。若手作家としての活動と同時に、後進を指導する立場を務めることの面白さ、生徒と向き合うことについて、たずねてみました。

<これまでの活動>

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #05 2006-2008

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #05 2006-2008

私、ヤニス・ガラノプロスは、ビジュアル・アーティストとして、13年間活動してきました。
さまざまなメディアに加え、写真は、アナログとデジタルの両方で制作しています。
作品やテクニックは、数えきれないほど多くの人のポートフォリオを見ることから影響を受け、確立されたと思っています。私の作品の一部はhttp://lefteyer.com(Yiannis Galanopoulos photography)にてご覧いただけます。

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #06 2006-2008

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #06 2006-2008

アテネ技術大学(Technological University of Athens)にて写真と視聴覚芸術を専攻した後、オールド・ドミニオン大学(米バージニア州ノーフォーク)にて人文科学の修士号を、ノーフォーク州立大学(米バージニア州ノーフォーク)にて視覚学を専攻し、芸術学学位を取得しました。

私とK’MoPAとの関係は、2009年度ヤング・ポートフォリオ(YP)に作品を応募した時からはじまりました。2009年度YPには、41カ国からの407人、8407の応募があり、江成常夫氏と須田一政氏と細江館長による選考により、私の6枚の作品が購入となり、パーマネント・コレクションとなったのです。

現在、私はアル・アインにあるアラブ首長国連邦大学(United Arab Emirates University)の人文科学/社会科学部、英文学/芸術学部の講師を勤め、写真などのアートを教えて一年以上になります。アル・アインはアラブ首長国連邦第二の都市で、アブダビの東部に位置しています。

アラブ首長国連邦大学(UAEU)

アラブ首長国連邦大学(UAEU)

 

 

 

 

 

 

 

uaeu3

アラブ首長国連邦大学(UAEU)

 

 

 

 

 

 

<ガラノプロスへの質問>

K’MoPA:あなたが作品を作るときに最も大切にしていることや考え方は?

ガラノプロス:全てに共通する感覚として、私は写真での制作を自己実現と自由の応用表現だと思っています。作品を制作することは、流動的なプロセスですが、自分の中のコアな部分が、クリエイティブな仕事を押し上げてくれるものと確信していますし、新たな発見への期待、実験的なバージョニングの必要性、また、私が遭遇する場所や人の顔やモノの新しいバージョンとコミュニケートすることの必要性、新しいバージョンの発見、テーマの構成など、どうしたら写真家自身にとって満足の行く、そして見る人にとって利用価値のあるものにするか、そういったことが、私の中に浮かんできます。

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #08 2006-2008

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #08 2006-2008

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #20 2006-2008

Yiannis Galanopoulos, Untitled. Series: Update City #20 2006-2008

K’MoPA:写真を教える時に、あなたにとって最も重要なことは?

ガラノプロス:私は、すべての授業を始める瞬間から“自分自身を学生の靴に入れる”ことから始めます。

写真に写されたイメージが好きな人にとって、写真にも、テクニックにも善し悪しはありません。私がしようとしていることは、言ってみれば、まずイメージに惚れ込むことが生徒たちにとって必要な刺激を与えることになるということでしょうか。そこから彼らは写真家になっていくのではないかと思います。

K’MoPA:あなたがUAEUで写真を教えていて、最も印象に残ったことは?

ガラノプロス:私のファインアート写真の授業では、これまで500人以上の生徒を教えて来ました。ほとんどが全くの初心者ですが、UAEの若者の生の才能を高く評価しています。同時に、自分と異なる文化的背景を持つ若いアーティストに対し、私自身の制作プロセスや知識を伝えることの難しさも私は受け入れてきました。おそらく、本当の意味で受け入れることができるようになったときに、私も写真の教育者としてベテランの域に達するのではないでしょうか。大学で美術の学位を取得する事も一つですが、個人の作品制作のためにだけに自分の持っているものを使うのではなく、他者の発展ために使うことができたら、さらにダイナミックだし、私自身の満足度が高まるのではないかと思っています。

ⒸTasneem Abdullatif Rashid

ⒸTasneem Abdullatif Rashid

ⒸRaya Al Humaidi

ⒸRaya Al Humaidi

ⒸNajla Mohammed

ⒸNajla Mohammed

ⒸHaneefa Murad Abdulla

ⒸHaneefa Murad Abdulla

ⒸNoura Mohammed Nasser

ⒸNoura Mohammed Nasser

ⒸAlia Mubarak AlAhbabi

ⒸAlia Mubarak AlAhbabi

K’MoPA:他の国でも写真を教えたことがありますか?その場所で感じた生徒たちの写真への姿勢や特質との違いは?

ガラノプロス:パリに住んでいた一年の間に写真を教えていましたが、大学ではなく、プライベートな講座でした。生徒たちは、どちらかというと年配で、すでに基本的な写真の技術は持っている人々。そこでは、クラスの他の生徒の仕事を読み解き、彼らの作品の美的な部分や、写真作品のポートフォリオを効果的に作り上げる方法を議論することに多くの時間を使いました。私の見方では、場所が写真への姿勢に影響するということはありません。それぞれの生徒が学ぼうとしているレベルが異なるというだけです。私の授業、世界のどこであっても、生徒が求めているものと将来への抱負に添う“特注”となります。

K’MoPA:UAEには、写真の美術館やギャラリー、雑誌などはありますか?

ガラノプロス:UAEには、写真専門の美術館や雑誌はありませんが、写真協会、コンテスト、写真を展示するギャラリーは多数あります。この地域は、ジャンルを問わずアートの発展が著しく、アブダビのサーディヤット文化地区は近い将来、カルチャー&アートシーンの中心となることは間違いありません。地元の国際的コミュニティは、シェイク・ザーイド国立博物館、ルーヴル・アブダビ、そしてグッゲンハイム・アブダビの完成を心待ちにしています。

サーディヤット島はすでに、この地域の文化・芸術の中心的な役割を担い、非常に活発です。さまざまな展覧会、スペシャル・イベント、世界的に著名なアブダビアートフェアなどのフェア、教育普及プログラムなどが、マナラット・アル・サーディヤットとUAEパビリオンの二つのスペースで行われています。

ドバイまでは、サーディヤット・アブダビから約1時間足らず。多文化として長い歴史を持つドバイには、90もの地元および国際的なギャラリーがあります。ドバイは、中東、アフリカ、南アジア地域における最大のアートフェアである「アート・ドバイ」が開催される国。2020年のWorldExpo開催地でもあります。

また、ドバイから1時間のシャールジャ首長国もエネルギッシュな国で、アートビエンナーレが行われるほか、歴史的地区には、美術館やギャラリーもあります。こういった事実を見ると、アラブ首長国連邦が、ガソリンと燃料によって急成長している、ビジネスだけを目的とした地域ではないことがおわかりでしょう。(長年間誤った見方をされてきましたが)むしろ、芸術・文化教育にとってとても魅力的な場所なのです。リンクトイン・コーポレーションによる最近の調査によると、人々の心や才能を惹き付ける、他国のモデルとなるような地域の一位がドバイであるという結果が出ているそうです。

今日のペースの早い社会において、より多くの人が、この文化的に多様なコミュニティに参加していくことが、大変期待されているのです。

 

* * *

 

ドバイを中心にアートマーケットが活況を呈している中東。“超”巨大な美術館建設計画も進んでいます。アラブ首長国連邦においても、高まりつつある写真表現への沸き出すような興味。もの凄いスピードで変化する中東において、今後どのようなイメージが生みだされるのでしょうか。アラブ首長国連邦大学(United Arab Emirates University)のような全く新しい教育機関で、欧米の若手写真家が新しい技術、考え方を、真っ新な若手に説いて行く。異なる文化との接触により、教える側の写真の見方に大きな影響をもたらす可能性もあるのかもしれません。今後、大きなうねりを生み出す地域のひとつとして、中東から目が離せません。

ShutDown