NEWS Toggle

HP連載: 「石」と「人」をめぐる冒険 井津建郎の半生 …. 第二回

ノンフィクション作家・山岡淳一郎が旅する写真家・井津建郎の人物像を浮き彫りにする連載の第二回。1949年、大阪に生まれ、移住先の岩国で、シングルマザーと暮らしながら細菌学者に憧れる井津少年の成長を追います。

本サイト内、「今後の展示」ページで連載中です。どうぞお楽しみください。

「今後の展示」ページはこちら→  http://www.kmopa.com/?cat=7

HP連載: 「石」と「人」をめぐる冒険 井津建郎の半生 …. 第一回

K・MoPAでは、今年の夏「井津建郎:インド―光のもとへ」を開催します。

生と死の尊厳というテーマに踏み込み、新境地を見出した井津建郎。ニューヨークに拠点を置き、プラチナ・プリント作品では世界屈指と言われる写真家でありながら、アジアに小児病院を創設、NPOの代表を務めるなど、異色の経歴の持ち主です。

展覧会にさきがけ、ノンフィクション作家・山岡淳一郎が、来日中の井津建郎にロング・インタビュー。医者を志した岩国での少年時代から一転、写真家を目指しニューヨークへ!そしてエジプト、カンボジア、ブータンから現在のインドへの旅に至った半生を書き下ろし、その人物像にせまりました。本サイト内、「今後の展示」ページで全6回の連載をいたします。どうぞお楽しみください。

「今後の展示」ページはこちら→  http://www.kmopa.com/?cat=7

<「大原治雄」展のため高知県立美術館へ出張>

高知県立美術館にて開催の「大原治雄展 ブラジルの光、家族の風景」が、6月12日で終了となりました。同展の今後の巡回ルートは、大原の出身地である高知県から、大原がブラジルへ出航した神戸港近くの伊丹市立美術館へ、そしてKMoPAとなります(10/22〜)。

KMoPAは、実は、2009年に、ブラジル屈指の写真美術館モレイラ・サーレスから大原治雄の写真集が初めて日本に到着した場所なのです。写真集を開いた時に感じた清々しさや懐かしさ、愛情深い家族への眼差し。残念ながら、当時は展覧会の実現には至りませんでした。ところが昨年「ブラジル・日本国交120周年」を機会に、ブラジル大使館より再度打診があり、7年越しで3館での実現に至ったという経緯があります。その大原作品を、先日初めて高知県立美術館にて拝見して参りました。

なお、KMoPAでは、独自の企画として、大原治雄の孫で写真家のサウロ・ハルオ・オオハラ氏のプラチナ・プリント作品も同時に展示いたします。どうぞお楽しみに!

大原治雄、家族の集合写真、1950年頃  パラナ州ロンドリーナ、シャカラ・アララ ⒸHaruo Ohara/Instituto Moreira Salles Collection

大原治雄、家族の集合写真、1950年頃 
パラナ州ロンドリーナ、シャカラ・アララ
ⒸHaruo Ohara/Instituto Moreira Salles Collection

大原治雄、花壇での遊び、1950年頃 パラナ州ロンドリーナ、シャカラ・アララ ⒸHaruo Ohara/Instituto Moreira Salles Collection

大原治雄、花壇での遊び、1950年頃
パラナ州ロンドリーナ、シャカラ・アララ
ⒸHaruo Ohara/Instituto Moreira Salles Collection

ShutDown