NEWS Toggle

TAIPEI ART PHOTO SHOW(台湾芸術撮影博覧会 TAPS)2014 に参加して ②

その2  YP作家 楊哲一氏と彼の活動


 

事務長:小川直美

今回の大きな収穫は、会場でYP作家、楊哲一氏(2013年度YP購入)、何沐恬氏(2014年度)、マレーシア国籍の張國耀氏(2014年度)と遭えたことです。そのうちの一人、楊哲一氏をご紹介しましょう。

2013年YPのなかでも選考委員の川田喜久治氏が「個人的に購入したい」と、絶賛されていた楊氏の作品は、すでに上海のギャラリーと契約するなど高い評価を得つつあります。YPで購入した「山水」は、採掘のためばっさりと水平に切り取られた山が被写体のスケールの大きな作品。どのような視点から撮影したのか?を訊ねると、楊氏は修士課程で土木を学んだ経歴をもち、現在も台北に建設中の巨大ドームの記録撮影を任されているとのこと。しかし自分が学んだことがもたらす成果が、結果的に環境を破壊することに矛盾を感じつつ撮影をしたとのことでした。

今回、楊哲一氏がTAPSに出品していた「辺境童話」は、作品ではなく自身のライフワークであるプロジェクトの紹介でした。辺境の貧しい村のこどもたちのために中古カメラの寄付を呼びかけ、子どもたちに写真を教えて作品を発表する、というものです。なぜ子どもたちと接点をもつようになったのでしょうか。5歳からバドミントンの英才教育を受けていた楊氏でしたが、複雑な家庭の事情や住み慣れた土地からの移住を強いられるなど、子ども時代に得た心の傷があり、次第に子どもの教育に関心を寄せるようになったそうです。現在は、作品の販売と撮影による写真関係の収入のほか、バドミントンの指導と用具の販売で得た収益を子どもたちの写真教育に振り向けています。ダイナミックな作品と心ある活動の両面に注目し、K・MoPAも日本から楊氏の活動にエールを送りたいと思います。活動のサイトは www.childrencameras.com

写真はTAPSの会場、楊哲一氏のブース前 撮影:山崎信氏 左から 楊哲一氏、何沐恬氏、張蒼松氏、小川、台北エプソンのご担当者

写真はTAPSの会場、楊哲一氏のブース前 撮影:山崎信氏
左から 楊哲一氏、何沐恬氏、張蒼松氏、小川、台北エプソンのご担当者

子どもたちのために募ったカメラと楊哲一氏と  記念撮影:張蒼松氏

子どもたちのために募ったカメラと楊哲一氏と  記念撮影:張蒼松氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楊氏の作品は、K・MoPAのHP www.kmopa.com➡ヤング・ポートフォリオ➡データベース➡国籍で探す➡アジア➡台湾 にてご覧いただけます。2013年度まで同様に閲覧可能!

ShutDown