NEWS Toggle

清里フォトアートミュージアム開館20周年記念展「原点を、永遠に。」を終えて⑥

清里フォトアートミュージアム 主任学芸員 山地 裕子


トーク・イベント⑤鬼海弘雄×都築響一×小川直美(進行)

 

_MG_4020

会場となった東京都写真美術館1階ロビー

8月24日(日)、東京都写真美術館にて開催の20周年記念展「原点を、永遠に。」の最終日を迎え、5回目(最終回)となるトーク・イベントを開催した。ゲストは、鬼海弘雄氏と都築響一氏。お二人には、2011年度、ご一緒に作品選考をして頂いた。トリにふさわしい、味わい深い言葉が満載のトークとなった。

_MG_6270

鬼海弘雄氏

鬼海氏は、浅草・浅草寺境内にてポートレイトを40年以上撮影しているが、実は、それ以前にさまざまな職業についている。山形県で高校卒業後、県の職員となるが20歳で退職。法政大学哲学科にて哲学者の福田定良氏と出会い、決定的な影響を受ける。やがて多くの映画を見るうちに表現者となることに興味を持つが、卒業後は、トラック運転手、造船場工員など様々な職業を転々とする。そしてダイアン・アーバスの写真集と出会い、写真による表現者を目指すことになる。

写真家への転身の決めてとなったのは?「飯が喰えなくても、人間とは何かという答えのないものを追求するしかないと思った。肖像を撮りたい。しかし写真家と表現者は簡単にくっつかないものと思っている。写真が写真を導き、「こっちへ来なさい」という言葉に導かれ、気付いたら40年。何でこんな寂しい道を裸足で歩かなくてはならないかと思いながら続けて来た。写真は、レンズとフィルムを使う愚直な表現。その愚直さが写真表現をひとりよがりにしない。それに騙されてここまで来た。」

鬼海弘雄《義足の老人》1974 ⒸHiroh Kikai

鬼海弘雄《義足の老人》1974
ⒸHiroh Kikai

鬼海氏は、25歳から写真を始め、雑誌の仕事などもやっていたが、毎回サブジェクトが変わること、有名な写真家の写真を模倣して何でも撮影していた日々を過ごすうち、自分の写真には何も写っていないと感じ、自分の立っている場所を変えようとマグロ漁船に乗ったという。その後も暗室マン、ビル・メンテナンス業、自動車工場期間工と職業を点々とする。その頃、デパートの屋上にいる人ばかりを撮ったという。昭和の象徴的な風景であり、現在消滅しかかっているデパートの屋上文化。都築響一氏のアンテナが激しく反応したが、その写真はすべて捨ててしまったそうだ。作家の“原点”を収集するヤング・ポートフォリオの視点から見れば、それこそ貴重な初期作品。お宝が失われたことは残念だ。奇しくも館長の細江英公が常日頃言う「初期作品は失われやすい性格を持つ」ことを証明している。ご本人は「別の山に登るのに前の地図はいらないでしょ?」とケロリ。そんな中で始まったのが浅草・浅草寺境内での撮影だったのだ。

_MG_6292

都築響一氏

「現在は、カメラ雑誌はあっても、写真雑誌と呼べるものが一誌もない。」と都築氏。『カメラ毎日』などの写真雑誌や『アサヒグラフ』などのグラフ雑誌への掲載など目指すものがあった時代は良かったが、現代は目指すものがないことに加え個人が個人に向かって発信できる時代に変化した。だから自分でマガジンを作っているが、幸か不幸か、現在はインターネット上で世界につながれる時代。インスタグラムだけでも、1000万単位の画像が100カ国以上、世界上でアップされている。歴史上最も多くのドキュメンタリー写真が撮影され、発表されているのだ。都築氏は、「写真が低調なのではなく、メディアの見せ方が低調なだけ。現代の主流は、世界的にみればむしろドキュメンタリーである。日本の写真家も日本のメディアもそう思っていないようだが。」と語る。

都築響一《TOKYO STYLE》1993  ⒸKyoichi Tsuzuki

都築響一《TOKYO STYLE》1993
ⒸKyoichi Tsuzuki

219219

都築氏がカメラの選択について触れた際、35ミリがしばしばシューティング(狙撃)と表現されることに対して、鬼海氏は「何と言っても写真の醍醐味は35ミリのスナップ。海外でスナップするときは、私がここに生を受けて、生きていても何の問題もないという場所でしか写真は撮らない。」と言う。さらに「私が撮った写真は100年前に死んだ人に見せても、100年後に生まれた人に見せてもOK。私は写真にユーモアの感覚を使う。35ミリであっても狙撃という感覚は使わないし、スキャンダル、風刺、快楽の感覚は使わない。」近々マドリードでの展覧会のためにスペインを訪れるが、カメラは一切持って行かないという鬼海氏。海外で撮影する時は写真集を撮る目的のみだという。

都築氏は一度、カメラ雑誌に投稿された作品の入選、落選に関わらずすべてをアーティストの大竹伸朗氏とともに見た特別な経験があるそうだ。すると、不思議な魅力を持った写真を撮る人の年齢が70、80、90代に固まっていた。それらの写真は、通常なら掲載作品として選ばれない。彼らは自分だけの美学を信じ、人のアドバイスは聞かずに50年撮っている、つまりそういう強さも大事だと指摘。現代の若い世代も、アルバイトしながら、30、40代でも自分の撮りたい写真を諦めない生き方が出来る時代。自分が強く共感できるもの、自分の舞台である発表の場を見つけるということが重要なのだ。

_MG_4022「原点を、永遠に。」展を3回ご覧くださったという鬼海氏。展示された作品を見て「写っている」と思ったと、まずは高く評価してくださった。都築氏は、「世界中で若者が同じ音楽を聞き、同じ格好をしている時代に、国民性や国ごとの性格では勝負できなくなって来ている。YPからは、多様性ではなく、むしろ同質性を感じた。同じ土壌で勝負していくのは、厳しいが面白い。」と指摘。YPについては、ミュージアム・コレクションであるということが「どんなに褒められるよりも、一枚買ってもらった方がずっと嬉しい。それで生活ができるということとは関係なく、一枚でも買ってもらうということが、何より強い評価」だと、その真骨頂をおっしゃってくださった。また、「大きな賞を取ると、かえって小さな仕事が来なくなるので、YPはカメラマンの懐にも優しい。」と、木村伊兵衛賞の受賞経験者として生々しいコメントも。

最後に、参加者から「なぜハッセルブラッドなのか?」という質問を受けた鬼海氏は、そのいきさつを話してくださった。ダイアン・アーバスの写真集を見た鬼海氏は、「一般の人が主人公の写真で、何度も繰り返し見ることができる写真集」に衝撃を受けたという。真四角の構図の中で真っ正面から人物を撮る。その話を哲学者の福田定良先生としていたら、福田先生が、「(ハッセルブラッドを)買っておいで」と30万を机の上にポンと置いてくださった。「物にはちょっとした自分のはずみがつけばいい。大げさに考えないで買っておいで」と。そのとき購入したカメラを現在も使っているという。その他数台のカメラを使うが、レンズは一本。「何本も買えないということもあるが、一本で積極的に撮る。レンズに撮らされずに自分の目で撮る。」それは簡単なことではないが、その考え方が鬼海氏の写真を作り上げたのだろう。そして、《TOKYO STYLE》で一見散らかったように見える部屋を撮った都築氏は、「こうはなりたくないと思って撮るか、カッコイイと思って撮るかで同じ写真でも違いが出る。機械が撮るものだけれど、上から目線で見るのか、どんな目線で撮るのか。誰でも写真は撮れるけれども、写真の本質はそこにある。技術では騙せない。どれだけ粘着質な視線がそこにあるのか。」

5回にわたるYP作家と選考委員によるトークを終えて、あらためて感じたことは、「写真」とは、写真家の生き方そのものであり、すべての存在がその瞬間に集中している。そして、さまざまな物事が複合されている。その複雑さを、時に読み解くアシストも必要だろう。写真家のすぐれた仕事を顕彰し、発信して行く。KMoPAは、写真と写真家のために生きている美術館として、今後もすぐれた作品を発掘し、世に問い、成長の支えとなるべく、活動を継続したいという思いを新たにした。

  • パネリスト略歴

鬼海弘雄(きかい・ひろお)1945年、山形県寒河江市に生まれる。高校卒業後、山形県職員となるが20歳で退職。法政大学哲学科在学中、哲学者の福田定良に師事し、決定的な影響を受ける。多くの映画を見るうちに表現者となることに興味を抱く。卒業後、トラック運転手、造船場工員などさまざまな仕事に就く中、ダイアン・アーバスの写真と出会う。1969年(25歳)から写真を始めるが、その後も遠洋マグロ漁業、暗室マン、ビル・メンテナンス業、自動車工場期間工などの職業に就く。同時に、東京・浅草の浅草寺境内にて独特の存在感を見いだした人々のポートレイト撮影を始める。主な作品に『王たちの肖像』『PERSONA』『India』『東京迷路』『アナトリア』などがある。

都築響一(つづき・きょういち)1956年、東京都に生まれる。76年から10年間、雑誌『POPEYE』『BRUTUS』にて編集者を務める。以後、現代美術、建築、写真、デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集を続けている。93年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』を刊行。それまであまり被写体とならなかった生活感あふれる居住空間を発表して大きな話題となる。96年、日本各地に点在する秘宝館や奇妙な新興名所を撮影した『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』で第23回木村伊兵衛賞受賞。主な著書に『STREET DESIGN FILE』(全20巻)『珍世界紀行ヨーロッパ編 ROADSIDE EUROPE』『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』など多数。現在、個人雑誌有料メールマガジン「ROADSIDERS’ weekly」を発行中。

http://www.roadsiders.com

ShutDown