NEWS Toggle

●若い写真家の方へ 2  「ヤング・ポートフォリオ(YP)応募作品における“量”と“質”の問題」

さて、今回はYP応募作品の量と質について言及された選考委員の言葉を紹介します。

まずは、“量”のお話し。
「YPはたしかに50点まで応募できるんだけれど、自分で枚数を絞り切れずに、似たようなバージョンをいくつか応募して、どれかが入るだろう、と見えるものもあった。でも写真には、選択するときの思考と決断力も大事ですよ。」(1998年度YP選考委員・立木義浩)

続いて、“質”についてのご意見。
「年齢が高い人のほうが質はいいけど、妙に安定しているのはバツをつける。20代に思い切ったことをやっておかないと、あとはやれないの」(1997年度YP選考委員・石元泰博)
どちらも先輩写真家としての愛情に溢れる、深い言葉ですね。   3 に続く

2014年度ヤング・ポートフォリオ展 会場風景: フライヤーの表を飾った作品を含むジュリオ・ビッテンクールのポートフォリオ

2014年度ヤング・ポートフォリオ展 会場風景:
フライヤーの表を飾った作品を含むジュリオ・ビッテンクールのポートフォリオ

 

 

ShutDown