NEWS Toggle

参加募集! K・MoPAチャリティ・ライブ2015

 

開館20周年記念 K・MoPAチャリティ・ライブ2015(第16回)

「いのちの響きをつむいで」

出演: 鈴木重子(歌)、ウォン・ウィンツァン(ピアノ)


 

鈴木重子(すずき しげこ)/ヴォーカリスト

東京大学在学中にボサノヴァ、ジャズヴォーカルを学び、95年、ニューヨークの名門「ブルーノート」にて日本人ヴォーカリストとして初のデビュー公演。近年は、平和の歌を集めるプロジェクト“Breath for Peace”、東日本大震災被災地を訪れるなど、いのちの響きをつむぐ歌い手として活躍の場を広げている

http://www.shigeko.jp/

 

 

 

 

 

 

 

ウォン・ウィンツァン /ピアニスト、即興演奏家、作曲家

超越意識で奏でる透明な音色で「瞑想のピアニスト」と呼ばれる。26作のCDを発表、NHK「にっぽん紀行」Eテレ「こころの時代」テーマを作曲。東日本大震災から現在に至るまで、被災地支援やチャリティ演奏を続けている

http://www.satowa-music.com

won

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:9月12日(土)14:00~16:00 (途中休憩あり)

会場: 清里フォトアートミュージアム

  • 要予約:info@kmopa.com TEL:0551-48-5599 FAX:0551-48-5445

氏名、参加人数、連絡先を前日までにお知らせください。

  • 定員120名 /全席自由
  • 参加費:一般3,000円 / 2名以上は1名様2,000円 (入館料含む)

◎K・MoPA友の会・会員と同伴者は各1000円引き

◎JAF会員と同伴5名様まで(全6名)は各1000円引き

 

息の合った二人の奏でる、音の世界。被災地の現状についても語ります。

K・MoPAが支援する「ラオ・フレンズ小児病院」(写真家・井津建郎主宰)と、東日本大震災の被災者支援団体に収益を寄付します。

ShutDown