NEWS Toggle

約130名のお客様が参加くださり、大変ご好評いただいた、今年の「K’MoPA チャリティ・ライブ」。
収益は、50%を写真家・井津建郎氏主宰の「ラオ・フレンズ小児病院」を運営する、認定NPO法人「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN」へ、50%を東日本大震災の被災者支援団体「いのち・むすびば」に寄付いたしました。

先日、「いのち・むすびば」事務局の皆様がお越しくださり、当館事務長の小川より、寄付金をお渡ししました。
同団体の共同代表・小河原氏によれば、福島やその周辺から山梨への避難移住は、現在も続いているとのこと。東日本大震災から4年半が過ぎましたが、今もまだ多数の方が困難の中におられることを、あらためて認識しました。

cs,DSCF5193

ShutDown