NEWS Toggle

<YP2015レセプション+ギャラリートーク開催しました:後編>

昨日の前編に引き続き、レセプションの模様をご覧いただきます。YP作家もトークと講評が終了し、皆すっかり表情が緩みました。さあ、これからが(も)大事な時間です。

YP2016にて作品収蔵した作家36人全員がレセプションに全員ご出席いただければ最高ですが、なかなかそうは行きません。国内でも、家庭の事情や、仕事と重なってしまったり、まして海外から日本に来ることは簡単なことではありません。それでも今回21人もの作家が一堂に集まることができ、本当に良かったと思っています。作家活動は孤独な作業ですが、YPを通して得られた同世代の作家とのつながりは、とても貴重なものとなっているからです。

また、作品が展示されている現場に足を運び、現場の空気を感じることも作家にとって重要なプロセスの一つです。額に入り、壁面に掛けられた自作は、想像していた通りに見えているのか、サイズは適正だったのか、照明のもとでプリントの色・コントラストは意図したとおりに見えているのか、他の作品と並んだ時にはどうなのか、いろいろなチェックポイントがあるはずです。

次回は、レセプションを終えて、YP作家から後日いただいたメッセージをご紹介します!

_DSC7819_1

展覧会看板前にて高倉大輔。今年度の展覧会看板と小冊子表紙に作品を使用させていただきました。

展覧会看板前にて高倉大輔。今年度の展覧会看板と小冊子表紙に作品を使用させていただきました。

女子はスイーツ前に自然と集合しますね。左からマリヤ・コジャノヴァ(ロシア)、ミンヒー・アン(韓国)、ドロタ・ウルブレスカ(ポーランド)。

女子はスイーツ前に自然と集合しますね。左からマリヤ・コジャノヴァ(ロシア)、ミンヒー・アン(韓国)、ドロタ・ウルブレスカ(ポーランド)。

美味しいと評判の「フォーレストカフェ」(甲府)すべて素材厳選の手作りです。

美味しいと評判の「フォーレストカフェ」(甲府)すべて素材厳選の手作りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハオ・リー(台湾)と細江館長。

ハオ・リー(台湾)と細江館長。

ガーデンテラスにて森山大道選考委員を囲んで。右から高橋大輔、中悠紀、森山大道選考委員、北田祥喜、北田氏ご友人、東京るまん℃。

ガーデンテラスにて森山大道選考委員を囲んで。右から高橋大輔、中悠紀、森山大道選考委員、北田祥喜、北田氏ご友人、東京るまん℃。

小冊子で作品が同じページに掲載となったシム・チャン(台湾)と東京るまん℃。小冊子に作家皆でサインを。

小冊子で作品が同じページに掲載となったシム・チャン(台湾)と東京るまん℃。小冊子に作家皆でサインを。

 

 

 

 

 

 

 

 

一生の思い出に。

一生の思い出に。

翻訳者のギャビン・フルーさん(右)と小川直美事務長。フルーさんには、YP2000年度より、毎年YP作品のタイトルや選考委員のコメントなどを英訳していただいています。

翻訳者のギャビン・フルーさん(右)と小川直美事務長。フルーさんには、YP2000年度より、毎年YP作品のタイトルや選考委員のコメントなどを英訳していただいています。

和やかなひととき。

和やかなひととき。

 

 

 

 

 

 

 

 

北島敬三選考委員(左)と石倉徳弘。

北島敬三選考委員(左)と石倉徳弘。

左から弓場井宜嗣、Shinya Itahana、加藤圭祐、林典子。

左から弓場井宜嗣、Shinya Itahana、加藤圭祐、林典子。

YPOB山口理一と細江館長。

YPOB山口理一と細江館長。

KMoPA友の会会員と歓談する東京るまん℃。

KMoPA友の会会員と歓談する東京るまん℃。

中締めのご挨拶をいただく北島敬三選考委員。北島先生には、2016年度YPも選考していただきます。

中締めのご挨拶をいただく北島敬三選考委員。北島先生には、2016年度YPも選考していただきます。

最後は全員で恒例の記念撮影。

最後は全員で恒例の記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ShutDown