NEWS Toggle

HP連載: 「石」と「人」をめぐる冒険 井津建郎の半生 …. 第一回

K・MoPAでは、今年の夏「井津建郎:インド―光のもとへ」を開催します。

生と死の尊厳というテーマに踏み込み、新境地を見出した井津建郎。ニューヨークに拠点を置き、プラチナ・プリント作品では世界屈指と言われる写真家でありながら、アジアに小児病院を創設、NPOの代表を務めるなど、異色の経歴の持ち主です。

展覧会にさきがけ、ノンフィクション作家・山岡淳一郎が、来日中の井津建郎にロング・インタビュー。医者を志した岩国での少年時代から一転、写真家を目指しニューヨークへ!そしてエジプト、カンボジア、ブータンから現在のインドへの旅に至った半生を書き下ろし、その人物像にせまりました。本サイト内、「今後の展示」ページで全6回の連載をいたします。どうぞお楽しみください。

「今後の展示」ページはこちら→  http://www.kmopa.com/?cat=7

ShutDown