NEWS Toggle

<井津建郎:アーティスト・トーク終了しました>

左から山岡淳一郎氏、井津建郎氏

左から山岡淳一郎氏、井津建郎氏

7月31日、山岡淳一郎氏(ノンフィクション作家)を聞き手に、井津建郎によるアーティスト・トークを行いました。

1970年、大学2年の時、「自分はまだ卒業後の方向も決まっていない。ニューヨーク近代美術館では写真がアートとしてコレクションされている、写真専門のギャラリーもあり、作品が売買されている」その実態をニューヨークで見て来ようと3ヶ月滞在のつもりで渡米した井津建郎。当時流行していたベルボトムのジーンズに厚底サンダルで、ニューヨークに到着した時の残金は85ドル(=約30600円)、そしてアメリカ滞在は47年目・・・井津建郎の写真家人生を語る2時間でした。

(詳しくはHP連載(#1-6):「石」と「人」をめぐる冒険 井津建郎の半生http://www.kmopa.com/?p=4319をご覧ください。)

 

初公開された秘蔵映像。1970年、ニューヨークでファッション写真家のアシスタントをしていた当時の井津建郎。

初公開された秘蔵映像。1970年、ニューヨークでファッション写真家のアシスタントをしていた当時の井津建郎。

頂いたアンケートには、「井津さんの生き方=ビジョンが、人の心をとらえるビジュアル=写真になっていると思いました。」

「開けられた窓から聴こえてくるせみの声、入ってくる風、森の香り、写真に触れて、思索に耽るのにこれほどの環境はないですね。トークが心に滲みました。たくさんの人に、もっともっとずっと多くの人に届けたい写真であり、トークです。」

「生命あるものへの共感というテーマ、日頃感じることのないような感情がこみ上げて来て、フォトアートミュージアムへ訪れることができて良かったと身にしみています。」など、コメントをお寄せいただきました。たくさんの方のご来館、そして募金へのご協力、まことにありがとうございました!

 

 

 

トーク終了後は、当館のオリジナル図録「アジアの聖地」や「BHUTAN: Sacred Within」(Nazraeli Press)にサインを求める列が。

トーク終了後は、当館のオリジナル図録「アジアの聖地」や「BHUTAN: Sacred Within」(Nazraeli Press)にサインを求める列が。

 

ShutDown