動画のページ Toggle

井津建郎:アーティスト・トーク(2016年7月31日)

1970年、大学2年の夏休みを利用して、数ヶ月のつもりでニューヨークに向かった井津建郎。山岡淳一郎(ノンフィクション作家)を聞き手に、アシスタント時代の秘蔵映像をはじめ、初期作品からインド撮影への道のり、47年におよぶ写真家人生を振り返ります。そして、カンボジアやラオスでの病院運営。何が井津を動かしているのか、その信念は?開催中の「インド — 光のもとへ」展をすでにご覧になられた方も、これからという方も、作家本人による貴重なトークをどうぞ御聞きください。

ShutDown