NEWS Toggle

2016 JAFデー  ピンホールカメラ・ワークショップ

今年も毎年恒例、JAFデー ピンホールカメラ・ワークショップを開催しました。
幼稚園の年長から小学校低学年~高学年、大人の方まで12名が参加されました。

午前は、ピンホールカメラの制作です。お持ちいただいたお菓子の箱の内側をスプレーで黒く塗った後、延ばしたアルミに縫い針で穴を開け、シャッターを取り付けました。この「針穴」がピンホールカメラの所以なのです。
午後は、お待ちかねの撮影です。夏の日差しの下、露光時間を調整しながら思い思いの場所で撮影に取り組みました。続いては、ドキドキの現像とプリントです。印画紙を現像液にゆっくり浸すと、次第に画像が現れます。お子さんたちから大きな歓声が上がりました。

最後に全員の作品を並べて、講師の田村学芸員が講評をしました。皆さん、ご自身の力作を大事に抱えてお持ち帰りになりました。

今年は小さいお子さんの参加が多かったのですが、皆さん、最後まで頑張り、良い作品に仕上げていました。出来上がった写真とピンホールカメラは夏休みの自由研究として、学校に提出するそうです。

 

箱の内側をスプレーで黒く塗ります

箱の内側をスプレーで黒く塗ります

延ばしたアルミに針穴を開けます

延ばしたアルミに針穴を開けます

さぁ、撮影開始!

さぁ、撮影開始!

現像の様子です。じわーっと画像が現れます

現像の様子です。じわーっと画像が現れます

皆さんの力作が並びました

皆さんの力作が並びました

池上 遼くんの作品 (C)池上 遼

池上 遼くんの作品 (C)池上 遼

松浦ツバキさんの作品 (C)松浦ツバキ

松浦ツバキさんの作品 (C)松浦ツバキ

山本瑠晏くんの作品 (C)山本瑠晏

山本瑠晏くんの作品 (C)山本瑠晏

 

 

ShutDown