過去の展示 Toggle

HP連載: 「石」と「人」をめぐる冒険 井津建郎の半生 …. 第四回

自らの意思でニューヨークのファッション写真界を飛び出した、血気盛んな20代の井津建郎。30歳を目前に悩み、そして写真への畏れを見出していきます。

 

「石」と「人」を巡る冒険 井津建郎の半生

                   山岡淳一郎

<第四回>

宝石とピラミッド ― 転機の訪れ

 

井津はマンハッタンに自分のスタジオを設立した。最初の年はまったく仕事がなく、収入は800ドルだった。見込み違いも甚だしい。翌年、宝石会社のディレクターが「アンティーク・ジュエリーを撮らないか」と誘ってきた。「宝石の撮り方は知らない」と応じると、「教えるとおりにライティングをやればいいよ」と寛大に発注してくれた。

ここも大きなターニング・ポイントだった。物撮りに秀でた井津は、光モノのなかで最も難しい宝石の撮影で頭角を現す。カルティエ、ハリー・ウィンストン、ティファニーと錚々たる宝石メーカーがクライアントにつく。ワンカット=1万ドルの扉が開いた。

スタジオは軌道に乗り、営業専門のマネージャーやアシスタントを含めてスタッフは6人に増えた。大学時代の同級生、松島たちが遊びにきて「すごいな。アメリカン・ドリームだね」と讃える。しかし、内面は満たされなかった。心の声は井津にこう囁きかける。

「金を稼ぎたくてニューヨークに来たのかい。自分のアメリカン・ドリームは何だ。自分の魂そのもの、と言えるような作品をつくることじゃないのか……」

30歳の誕生日を前に井津はスタジオを一か月閉めてエジプトに飛ぶ。少年時代に本で読んだ「世界の七不思議」への素朴な好奇心からギザのピラミッドを撮りに行った。砂漠に日が落ちるのを待って、ピラミッドの真上に北極星が輝く構図で三脚を立てた。明け方までシャッターを開け放す長時間露光に挑む。ピラミッドの背景で北極星を中心に星々が円軌道を描く、前衛芸術っぽい作品を狙った。

ニューヨークに戻り、期待を込めて星空の写真を現像する。現れた画像を見て、ゾーッと背筋が凍りついた。同心円を描くはずの星が、それぞれ虫が這ったようにくねくねぐにゃぐにゃ勝手に動いているのだ。もしも三脚が物理的に動いたのなら画像は吹っ飛んでいるに違いない。ありえない現象だった。

井津本人に、そのときの衝撃と以後の遺跡撮影のモットーを語ってもらおう。

「星がうわーっと凄いスピードで動いている。超常現象なんですかね。怖くなって、ネガは捨ててしまいました。ピラミッドのなかには王族の石棺も置いてある。お墓ですね。エジプト人の友人と内部に下りたときは、異様な風が吹き上げてきた。遺跡は聖地です。祈りの場です。敬意を払わねばなりません。つまらない考えで作ろうとしてはいけないのです。あれから遺跡、聖地では作為を捨てた。正確に写しとろうと心がけています。遺跡を撮るときは、三脚を立てる前に拝みます。仏教徒なので手を合わせ、南無阿弥陀仏、お邪魔します、とね。撮り終わったら三脚の跡も残さないようきれいにしてその場所を出ます」

人間を超えた存在への敬虔な思い。井津の写真を包む静寂は、そこに根差しているのかもしれない。遺跡は、井津に「自分だけが感じる空気感覚」を撮るというテーマを与えた。遺跡には人の住む場所とは異なる気配がある。それを撮ろうと大判カメラを使う。初めは「シノゴ(4×5インチ)」を用いた。「全然ダメだ」と5×7インチ(130㎜×180㎜)に変えるが、まだ物足りない。結局、14×20インチ(355㎜×508㎜)のカメラを、シカゴのメーカーに特注で製作してもらう。プラチナ・プリントの技法も身につけた。

井津は総重量130キロのカメラ機材を担ぎ、ガイドや運転手、ポーター、料理人らとキャラバンを組んでヒマラヤやチベット、南米の遺跡をめぐった。聖地では自分だけの「空気感覚」をとらえるまで、カメラを持たずに歩き回り、ここぞというところでシャッターを切る。気が付けば美術館に井津の聖地写真が並んでいた。そして、内戦の爪痕深いカンボジアのアンコール・ワットへ撮影に行き、生き方を変えるほどの情動を抱え込んだのだった。

 

第五回につづく

 

井津建郎《アンコール#27、タ・プローム、カンボジア》1993年 プラチナ・プリント、当館蔵

井津建郎《アンコール#27、タ・プローム、カンボジア》1993年
プラチナ・プリント、当館蔵

井津建郎《アンコール#88、アンコール・ワット、カンボジア》1994年 プラチナ・プリント、当館蔵

井津建郎《アンコール#88、アンコール・ワット、カンボジア》1994年
プラチナ・プリント、当館蔵

ShutDown