過去の展示 Toggle

HP連載: 「石」と「人」をめぐる冒険 井津建郎の半生 …. 第二回

ノンフィクション作家・山岡淳一郎が旅する写真家・井津建郎の人物像を浮き彫りにする連載の第二回。1949年、大阪に生まれ、移住先の岩国で、シングルマザーと暮らしながら細菌学者に憧れる井津少年の成長を追います。

 

「石」と「人」を巡る冒険 井津建郎の半生

山岡淳一郎

<第二回>

野口英世を目指したはずが

 

母は、建郎の勉強部屋に入ってくるなり、

「臭い、臭いよ。何をしとるの?」と鼻をつまんでカーテンを引き寄せ、窓を開け放った。

「あーあ、腐敗菌を培養してるのに……。母さん、気温が下がってしまうよ」。

顕微鏡を覗く建郎が応えた。机上の温熱器に肉のかけらを載せた寒天培地が入っている。顕微鏡にはアダプタで子供用カメラが取り付けてある。すべて手づくりだ。建郎は培養した細菌が細胞分裂で増殖するのを観察しては胸を躍らせた。たった1つの細胞が、少しの間に100、200に増える。「細菌は強力だな、ぼくもパスツールや野口英世みたいな医者になろう」と夢中でシャッターを切った。

事情を知らない人は部屋の異臭を気味悪がった。母は飲食店を切り盛りしていた。「臭い、臭い」とぼやく母の態度が変わったのは雑誌に投稿した写真で賞をとってからだった。

「ずいぶん熱心に顕微鏡の写真を撮るねぇ。何か欲しいものあるんやない?」

建郎は戸惑った。家は裕福ではなかった。ためらっていると「いいよ、言ってごらん」と母がうながす。「……一眼レフのカメラが欲しい」。

しばらくして手にしたミノルタは、ずっしりと重たかった。

一眼レフがとらえる実像は鮮やかだ。いよいよ細菌学者への道をまっしぐら、と気もちは高ぶるが、現実はそう甘くはない。岩国高校に進み、大学受験が迫ってくると教師から冷徹に宣告された。

「きみ、この数学、化学、物理の点数で医学部はおこがましいね」。

理系から文系に転じた建郎は、一眼レフを顕微鏡から外して、瀬戸内海に面した岩国の美しい山野にレンズを向けた。これが決定的な転機であった。錦川を渡る風を写し、船で大島に渡って海鳴りを撮る。ときは全共闘の学生運動真っ盛り、機動隊に守られて日本大学芸術学部を受験し、写真学科に進んだ。

日大写真学科で同級の松島彰雄は、「まさか大学2年でニューヨークに行っちゃうなんて」と、今でも信じられないといった顔つきで回想する。

「ちょうど国鉄(現JR)が広告代理店のプロデュースで『ディスカバー・ジャパン』のキャンペーンを始めて、きれいな広告写真があちこちで使われていました。卒業したら代理店に入りたい、出版社へ入りたいと僕らは言ってたけど、井津は違ってました。写真で自活しようと決めていたみたい。仲間8人で、羽田から井津を見送ったんです」

そのころ、写真を芸術作品として展示する美術館は「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」だけだった。ニューヨークには写真専門のギャラリーもあり、写真がアートとして売買されていた。「写真が芸術と認められているのを見てみたい。ひょっとして将来はぼくも……」。井津は2か月間の休学届を出してアメリカに渡った。

第三回につづく

 

井津建郎《スティル・ライフ #189》1992年 プラチナ・プリント、当館蔵

井津建郎《スティル・ライフ #189》1992年
プラチナ・プリント、当館蔵

井津建郎《スティル・ライフ #63》1987年 プラチナ・プリント、当館蔵

井津建郎《スティル・ライフ #63》1987年
プラチナ・プリント、当館蔵

 

 

ShutDown