NEWS Toggle

11月12日(土) 写真家・平間至によるギャラリートークを開催

平間 至(ひらま いたる)氏は、今年5月に放送されたNHK「日曜美術館」の大原治雄特集の際、取材を受けた写真家です。ギャラリートークでは、平間氏が写真家の視点から読み解いた大原作品の魅力を語ります。

開催日時:2016年11月12日(土)  午後2時~3時 入館料のみ/予約不要

 

<平間 至プロフィール ……..  HPより http://hirama-shashinkan.jp/ >

1963年、宮城県塩竈市に生まれる。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、写真家イジマカオル氏に師事。躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯氏の「-場踊り-」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、多彩なワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。

2013年には、俳優・綾野剛写真集「胎響」(ワニブックス)や、田中泯氏との写真集「Last Movement-最終の身振りへ向けて−」(博進堂)の発表と共に個展も行い、大きな注目を集めた。2012年より塩竈にて、音楽フェスティバル「GAMA ROCK」主催。

朝の雲、パラナ州テラ・ボア、1952年 (C)Haruo Ohara / Instituto Moreira Salles collection

朝の雲、パラナ州テラ・ボア、1952年 (C)Haruo Ohara / Instituto Moreira Salles collection

ShutDown