NEWS Toggle

<アーティスト・トーク:写真家・平間至、開催しました>

昨日11/12「写真家・平間至氏が大原治雄作品を読み解く」をテーマに開催したアーティスト・トーク、好評のうちに終了いたしました!NHKスペシャルや日曜美術館で大原治雄を担当したディレクターや、日系三世の方の飛び入りもあり、日本とブラジルへの思いが交差した濃密な時間となりました。会期はあと3週間!ぜひお見逃しなく!

平間至氏

平間至氏

平間至氏(中央)小川事務長が司会・進行を担当。

平間至氏(中央)小川事務長(左)が司会・進行を担当。

《朝の雲》(1952年)の前で。

《朝の雲》(1952年)の前で。

写真右は、リオデジャネイロ出身で日系三世の鈴木エルメスさん。現在、清里の公益財団法人キープ協会にて環境教育の研修生として滞在中。母親が大原氏と同郷のロンドリーナ出身で、第二次大戦後、苦しかった日系人のお話をお聞かせくださいました。

写真右は、サンパウロ出身で日系三世の鈴木エルメスさん。現在、清里の公益財団法人キープ協会にて環境教育の研修生として滞在中。母親が大原氏と同郷のロンドリーナ出身で、第二次大戦後、苦悩された日系人のお話をお聞かせくださいました。

鈴木エルメスさんご持参のブラジル国旗を掲げて撮影。大原氏の写真を介して日本とブラジルとの深いご縁を感じた瞬間です。みなさんの思い出に残る特別なトークとなったことでしょう。

鈴木エルメスさんご持参のブラジル国旗を掲げて祈念撮影。大原氏の写真を介して、日本とブラジルとの深い縁を感じた瞬間です。みなさんの思い出に残る特別なトークとなったことでしょう。

 

ShutDown