NEWS Toggle

【SFMOMAにて開催中の展覧会にYPOB作家も】

サンフランシスコ近代美術(SFMOMA)にて3/12まで開催中の「Japanese Photography from Postwar to Now 」展。同館の収蔵作品218点(写真集を含む)により構成され、戦後から現代までの日本写真の展開を概観する内容となっています。Kurenboh Collection(現代美術ギャラリー「空連房」を主宰する谷口昌良氏が寄贈した作品)も多数含まれており、その中にはYPOB安村崇と森澤ケンの作品も。SFMOMAでは、森山大道、東松照明の個展開催をきっかけに戦後に活躍した写真家を中心に現代まで蒐集が継続されています。展示については:

https://www.sfmoma.org/exhibition/japanese-photography-postwar-now/

ShutDown