Curator’s Choice Toggle

フレデリック・エヴァンズ《階段の海》

清里フォトアートミュージアム 学芸員・山地裕子


現在開催中の井津建郎「インド ー 光のもとへ」展では、冒頭にて井津建郎のプラチナ・プリント作品を展示しています。井津が、石造遺跡の撮影を始めたころ、偶然に写真家ポール・ストランドのプラチナ・プリント作品を見て、その色調や繊細なモノトーン表現が、自身の世界観に向いていると感じたことから手がけるようになったそうです。そこで、今回は、プラチナ・プリントの“古典”のなかから、フレディック・エヴァンズの名作《階段の海》をご紹介したいと思います。

 “A Sea of Steps”Wells Cathedral, Steps to Chapter House, 1903 プラチナ・プリント

“A Sea of Steps”Wells Cathedral, Steps to Chapter House, 1903 プラチナ・プリント

自らも文章家であり、オーブリー・ビアズリーやバーナード・ショーなどと親交を持ち、人気の書店を経営していたフレデリック・ヘンリー・エヴァンズ(イギリス、1853-1943)。教会建築を愛し、その美を撮影することに専念するため、エヴァンズは47歳で建築写真家へ転身します。 聖堂内部の石積みの長い階段が、柔らかな光を纏い、波打ち際のように美しい濃淡を見せています。その様子は、まさに「階段の海」。ずうっと奥の扉まで、見る角度によって、ひと続きのように見える階段のうねりと光のヴェールが、写真家の心を掴んだのでしょう。そして、プラチナ・プリント技法は、この微妙なグラデーション表現に最も適しており、滑らかな濃淡の中にも、一段ごとのハイライトが立ち上がるよう、光を正確に描き出すことに成功したのです。この作品は、完璧な美を求めたエヴァンズの代表作とされています。  20160716175409-0001当館では、エヴァンズの作品を33点収蔵していますが、残念ながら、当館では当該作品を収蔵していないため、当館蔵書の”Frederick H. Evans” (Baumont Newhall著、An Aperture Monograph)からのご紹介です。

Frederick H. Evans, Westminster Abbey, Chapel of Henry VII Bronze Tomb, south side of, 1911-12

Frederick H.Evans, Westminster Abbey, Chapel of Henry VII Bronze Tomb, south side of, 1911-12

エヴァンズの作品は、これまで定期的に開催するプラチナ・プリント収蔵作品展にて展示して参りました。写真は、その中の一点、《ウエストミンスター・アベイ、ヘンリー7世礼拝堂、南側ブロンズ墓碑》1911-12年(イメージサイズ24.6×19.5㎝)です。 エヴァンズは、イメージを切り抜き、台紙に貼り付けているのがご覧いただけますでしょうか。台紙には、鉛筆で写真を囲む繊細なフレームを描き、作品によっては台紙に色を加えているものもあります。それぞれの写真、あるいは建築様式にふさわしい装飾として自ら施したのでしょう。 以前、あるギャラリーで、日本刀の鍔(つば)を撮影した数十枚のプリントを一冊に綴じたエヴァンズの作品を見たことがあります。限られたスペースの中に個々の異なる世界を彫り出すという精緻な技に魅せられたのでしょう。鍔は、日本の古美術としてイギリスで人気が高く、それらが市場に散逸する前にすべてを記録したのではないかと思います。美しい建築空間やすぐれた職人技を深く尊敬していたエヴァンズは、被写体が最も美しく見える光を纏わせ、その姿をプラチナ・プリントに残したのです。

Curator’s Choice #10

YP2015:イスラム国の被害を取材するフォトジャーナリストたち イスマイル・フェルドゥス、林典子 清里フォトアートミュージアム 学芸員 山地裕子

ベルギーで発生した連続テロから、早くも三週間が経過しました。次は何処が標的となるのか、イスラム国によるテロの脅威は、日々世界を震撼させています。開催中の「2015年度ヤング・ポートフォリオ」においても、2人のフォトジャーナリストが、イスラム国の犠牲者を取材した作品を展示しています。 同じテーマを取材する場合でも、写真家の視座はさまざまです。それぞれの行動スタイルやキャラクターに合った取材方法によってこそ力を発揮することが、2人の写真に表れています。

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014 ⒸIsmail Ferdous

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014 ⒸIsmail Ferdous

バングラデシュ出身のイスマイル・フェルドゥス(1989)は、2014年10月、イスラム国に砲撃されたシリアのクルド系少数民族であるヤズディ教徒を取材。シリア北部のアレッポ県コバニ市から追放され、難民となってトルコ国境を目指すヤズディ教徒数百人に同行し、撮影しています。彼らが自宅から持ち出せたものは、鞄ひとつ、赤ん坊を寝かせたバスケットひとつ、あるいは、背負える家族ひとり ?? 難民キャンプ内の子どもたちの眼差しはうつろで、深い絶望を伝えています。フェルドゥスによれば、トルコに入国したクルド人は30万人以上。しかし、クルド人が到着したとき、トルコの難民キャンプにはすでに85万人のシリア難民が避難していたとのこと。母国と我が家を突然離れざるを得なかった人々の、恐怖と失望の道のりに寄り添い、その状況を見事なスナップワークでとらえています。

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014

イスマイル・フェルドゥス《イスラム国に包囲されたコバニの住民》2014

一方、日本の林典子(1983)は、イスラム国兵士に誘拐され、命がけの脱出に成功した女性たちを、2015年3月イラクにて取材し、彼女たちの壮絶な体験を記録しています。女性たちは、頭から顔までスカーフを被っており、見えているのは目のみ。写真に付けられたキャプションからは、彼女たちが受けた虐待について、淡々と語る様子が浮かび上がる一方で、レンズを見つめる彼女たちの視線に圧倒されます。

林典子《ヤズディ》2015

林典子《ヤズディ》2015

YPでは2010年度より林典子の作品を何度か収蔵していますが、今回はこれまでの作品と少し異なる印象を受けました。この撮影が、厳しい条件下で行われたことは容易に想像できますが、その経緯について、また今後の取材について、本人にインタビューいたしましたのでどうぞご覧ください。

* * *

K’MoPA:今回ご応募いただいた作品は、全て女性の顔写真で、彼女たちは頭と顔に布を被り、目だけが見えていました。撮影に際して、彼女たちは、それを条件に許可を出したのでしょうか?

林典子:彼女たちの家族や親戚は、まだISIS(アイシス、Islamic State of Iraq and Syria)に拉致されたままです。本名を記録され、兵士に顔を覚えられているため、メディアの取材に応じていることがISISに知られると、家族に危害が加えられる(殺される)可能性があります。そのため、一部の女性を除き、目だけが見えるなら、という条件で撮影許可が得られました。

林典子《HIV/無音の世界に生きる?ボンヘイのストーリー》2009

林典子《HIV/無音の世界に生きる?ボンヘイのストーリー》2009 ⒸNoriko Hayashi

K’MoPA: ヤング・ポートフォリオでこれまで収蔵した林さんの作品は、2009年撮影の《HIV/無音の世界に生きる~ボンヘイのストーリー》をはじめ、《パキスタン:酸に焼かれた人生 セイダのストーリー》(2010年撮影)、《東日本大震災 - 混沌と静寂》(2011年)、そして現在も取材を継続しているという《キルギス さらわれる花嫁》(2012年)でした。今回のシリーズは、これまでの、現場に密着するドキュメント作品のイメージとは、少し異なる印象を持ちました。撮影のスタイルを変えたのか、どういう思いだったのでしょうか?

:今回YP2015で選んでいただいた写真は、全て顔だけのポートレートでしたが、基本的にイラクでも、従来同様、ドキュメントのスタイルで撮影しています。例えば、今回のチラシに載せていただいた、白いスカーフを顔に巻いた少女がいます。私は、彼女と一緒に難民キャンプで生活し、顔が分からないようにしながら、ずっと撮影していました。彼女はその後ドイツ南部に避難したのですが、2016年2月、新天地で生活している彼女に再会し、取材しました。また、女性以外にも、ある難民家族の日常を追ったり、風景なども撮影していますので、取材のスタイルは変わっていません。今回の応募はポートレイトだけとなったのですが、この女性たちについては、イラクからドイツに渡った先の新たな生活も取材しています。やっとまとまってきたような感じがしていますので、これから発表します。

林典子《パキスタン:酸に焼かれた人生 セイダのストーリー》2010

林典子《パキスタン:酸に焼かれた人生 セイダのストーリー》2010 ⒸNoriko Hayashi

林典子《キルギス さらわれる花嫁     前日に誘拐で結婚したアフマットとディナラ。結婚式のセレモニーで祈りを捧げる。》2012

林典子《キルギス さらわれる花嫁    
前日に誘拐で結婚したアフマットとディナラ。結婚式のセレモニーで祈りを捧げる。》2012 ⒸNoriko Hayashi

以前に収蔵していただいたキルギスやパキスタンでのシリーズについても、被害者の方たちのポートレートは多数撮影しており、今回のイラクも、インタビューをした女性たちのポートレートは必ず撮影するようにしています。全ての女性たちの日常を追い続けることは不可能ですが、一部の女性たちについては、一緒に生活しながら撮影します。

K’MoPA:今後も彼女たちの取材を継続される予定ですか?また、ISISの取材については、なんらかの形で発表をお考えでしょうか?

:はい。出来る限り続けて行きます。今後の写真展や本(単行本)の出版は決まっています。単行本ですと、掲載できる写真の枚数が限られているので、出来れば写真集を出したいなという希望があります。

* * *

女性同士という安心感もあるのでしょう。林典子は、時間をかけて信頼関係を作り、共に生活して、初めて見えてくる表情や言葉を丁寧に記録しています。キルギスや、イラクの女性たちを長期にわたって取材した結果、見えてくるものは何か  — ぜひ2016年度YPにも継続してご応募いただき、収蔵することができれば、既にコレクションしたシリーズに厚みを増すことができると思いますので、今後の作品に期待しています。また、フェルドゥスは、ダッカの鮮やかなストリート・スナップのシリーズを2011年度に収蔵し、翌年には、モノクロ表現によるシリーズを収蔵。現在は、バングラデシュを代表する新進フォトジャーナリストのひとりとして世界を舞台に活躍しています。今後のYPでもぜひご注目ください。

Curator’s Choice

写真家マルク・リブーと写真家/キュレーター/写真教育者・ネイサン・ライオンズが逝去

清里フォトアートミュージアム 学芸員・山地裕子


8月30日、マルク・リブー(フランス、1923-2016)が93歳で亡くなったというニュースが世界を駆け巡りましたが、本日、9月1日は、アメリカからネイサン・ライオンズが亡くなったと、悲しいニュースが入って来ました。写真家集団「マグナム」のメンバーでマグナムの黄金期を知る最後の写真家、そして20世紀フォトジャーナリストを代表する写真家のひとりであるマルク・リブーは、現在、フォトジャーナリズムのフェスティバル、仏・ペルピニャンにて展覧会「キューバ」が開催中でした。“時代の証言者”として数々のルポルタージュを発表し、多くの写真家に影響を与えたリブー。当館では、代表作のなかの一枚、1967年、ワシントンD.C.でのベトナム反戦デモで、参加者に銃口を向ける兵士の前で、一輪の花を手に佇む女性を捉えた作品を収蔵しています。 現在、展覧会「インド ー 光のもとへ」を開催中の井津建郎も、リブーのアンコール遺跡の写真集を手に取ったことをきっかけに、1993年カンボジアへ向かったのです。さらに言えば、アンコール遺跡での撮影中に地雷の被害や、治療を受けられない子どもたちの実態を目の当たりにしたことから、井津は現地に小児病院を設立し、この病院の活動が無ければ、インドにて命の尊厳を見つめる展示中の作品も生まれなかったことを考えると、一枚の写真、一冊の写真集の持つ力は計り知れないものがあります。 また、ネイサン・ライオンズは、写真家、キュレーター、写真教育者として、ニューヨーク州ロチェスター(コダック社の町)を拠点に活動していました。ロチェスターに写真教育機関Visual Studies Workshop(1969?2001)とSociety for Photographic Education を設立し、ニューヨーク近代美術館写真部長ジョン・シャーカフフキーらと国際写真キュレーター会議「オラクル」を設立しました。その他、ニューヨーク州立大学Brockport校や、Rhode Island School of Design、Corcoran School of Artなど多くの大学にて教鞭をとりました。この秋にはThe Center for Photography at WoodstockとLucie Foundation から賞を受賞する予定でした。そして、2018年にはジョージ・イーストマン・ミュージアムでの回顧展も決まっています。長年、ヒューストン美術館のキュレーターをつとめ、2003年に大規模な「日本写真史展」を開催したアン・タッカーも、ライオンズの生徒のひとりでした。 そのおおらかで暖かな人柄から、多くの写真関係者に慕われていたライオンズ。写真を見る視点、知識、感じる心、そして寛容さ・・・そのレガシーは彼と関わった人々の心の中に永遠に生き続けることでしょう。

1997年5月、ネイサン・ライオンズ、ジョアンご夫妻歓迎パーティにて(都内)左から細江館長、ネイサン・ライオンズ、山地学芸員、ジョアン夫人

1997年5月、ネイサン・ライオンズ、ジョアンご夫妻歓迎パーティにて(都内)左から細江館長、ネイサン・ライオンズ、山地学芸員、ジョアン夫人

左)ライオンズ、右は、故・澤本徳美先生(日本大学芸術学部写真学科教授)

左)ライオンズ、右は、故・澤本徳美先生(日本大学芸術学部写真学科教授)

 

左)ネイサン・ライオンズ、右)三木多聞東京都写真美術館館長(当時)

左)ネイサン・ライオンズ、右)三木多聞東京都写真美術館館長(当時)

ライオンズご夫妻歓迎パーティにて、(左)東京都写真美術館学芸員・笠原美智子氏。

ライオンズご夫妻歓迎パーティにて、(左)東京都写真美術館学芸員・笠原美智子氏。

左)ネイサン・ライオンズ、右)写真ディレクター・山岸亨子氏

左)ネイサン・ライオンズ、右)写真ディレクター・山岸亨子氏

左)PPS通信社代表取締役社長ロバート・L. カーシンバウム氏。右)ネイサン・ライオンズ

左)PPS通信社代表取締役社長ロバート・L.? カーシンバウム氏。右)ネイサン・ライオンズ

ライオンズは、当館細江館長とも長年の友人でした。 1964年、初めてアメリカを訪れた細江英公は、ジョージ・イーストマン・ハウスのキュレーターであったライオンズと知己を得て、1968年、「世界の偉大な写真家たち:ジョージ・イーストマン・ハウス・コレクション展」(主催:日本写真家協会)を東京他国内4カ所で開催しています。「海外の優れた作品を日本で展示したい」という細江館長の熱い思いと、それに応え、協力を惜しまなかったライオンズ。二人の間の深い理解がなければなし得なかった展覧会だったことは言うまでもありません。 1995年、KMoPAが開館し、KMoPAは、1997年にライオンズとジョアン夫人をお招きいたしました。1998年にKMoPAにて国際写真キュレーター会議「オラクル」を開催するため、そして、どのような4日間の会議を運営するべきか、ライオンズには大変なご尽力をいただきました。1998年11月に主催した「第16回オラクル」には世界各国の写真キュレーター117名が参加。参加者全員に「ヤング・ポートフォリオ」ご覧いただいたことから、YPは大きく国際化することができたのです。当時浸透し始めていたインターネットも追い風となりましたが、改めて思うことは、何よりも人と人とのつながりによって今のKMoPAのがあるということ。このことを大切に今後も活動して行きたいと思います。 マルク・リブーとネイサン・ライオンズ、二人の20世紀の偉大な写真家のご逝去にあたり、心よりご冥福をお祈りいたします。

1998年11月、KMoPAにて開催の国際写真キュレーター会議「オラクル」にて鏡開きをするライオンズ(右)、細江館長(中)、ジェームズ・エニアート氏(左)

1998年11月、KMoPAにて開催の国際写真キュレーター会議「オラクル」にて鏡開きをするライオンズ(右)、細江館長(中)、ジェームズ・エニアート氏(左)

1998年11月、KMoPAにて開催した国際写真キュレーター会議「オラクル」での青空ミーティング。ライオンズは、グループ後列で立って議論を見守っている。

1998年11月、KMoPAにて開催した国際写真キュレーター会議「オラクル」での青空ミーティング。ライオンズは、グループ後列で立って議論を見守っている。

 

成田空港から参加者全員で新宿へ向かう車中にて。

成田空港から参加者全員で新宿へ向かう車中にて。

身曾伎神社(小淵沢町)の能舞台前で「オラクル」参加者全員の集合写真。 身曾伎神社(小淵沢町)の能舞台前で「オラクル」参加者全員の集合写真。

ShutDown