NEWS Toggle

ロバート・フランク生誕100周年記念展 8,9月の関連イベント「もう一度、写真の話をしないか。」

 
たった一度きりのロバート・フランク生誕100周年を記念し、8月にイベントを開催いたします。
参加費は、入館料(一般800円/大学生以下無料)のみ。
プリント・ヴューイングは、ご予約が必要です。

 

イベント案内のチラシは、こちらから閲覧・ダウンロードできます。(A4両面カラー・PDFファイル)
オレンジのボタンリンクより、ブラウザの保存機能を利用してダウンロードしてください。
 
ロバート・フランク100周年記念展 <イベントチラシ>

 
 

8/3(土)「もう一度、写真の話をしないか。」
瀬戸正人(副館長)×山地裕子(当館学芸員)ギャラリー・トーク

司会:小川潤子(本展ディレクター)
2019年、作家本人と会いロバート・フランク展を構成した学芸員が語る

     

  • 第一部:14:00〜14:40 @展示室 / 予約不要
  • 第二部:プリント・ヴューイング(当館蔵のロバート・フランクの初期作品15点など)
      15:00〜16:00 @会議室 / 要予約:先着20人
  •  

★ご予約はこちら↓
kmopa@kmopa.com  TEL. 0551-48-5599
日時、参加人数、代表者のお名前と連絡先メールをお知らせください。
キャンセルの場合は、8/1(木)16:00までにご連絡ください。

 

8/4(日)
「ロバート・フランクからの手紙」
太田菜穂子(Klee Inc.代表)

https://www.klee.co.jp/statement/#biography
司会:小川潤子(本展ディレクター)
 
フランクと50通を超える手紙を往復した太田氏が人間フランクを語る。
7/21(日)まで、氏のキュレーションによる「WONDER Mt. FUJI」展を東京都写真美術館で開催中。

     

  • 第一部 14:00~15:00 トーク「ロバート・フランクからの手紙」
      @ガーデン(雨天の場合展示室)/ 予約不要
  • 第二部 15:15~16:00 フランク氏が太田氏に宛てた手紙と当館収蔵作品数点を公開
      @会議室 / 予約不要

 

9/7(土)
金村修(写真家)× タカザワケンジ(写真家、写真評論家)

『挑発する写真史』の著者2人がフランクを語る

     

  • 第一部:14:00〜14:40 @ガーデン(雨天の場合展示室)
      予約不要
  •  

金村修
1964年東京都生まれ。
1992年、東京綜合写真専門学校在校中にオランダ・ロッテルダム
写真ビエンナーレに招聘され、
1996年、MOMAによる「世界の注目される6人の写真家」の
1人に選出される。
2000年「トップランナー」(NHK)、
2001年「情熱大陸」(毎日放送)出演。
1997年、日本写真協会新人賞、第13回東川町国際写真フェスティバル新人作家賞、
2000年、第19回土門拳賞、2014年、第39回伊奈信男賞を受賞。
写真集に『Spider’s Strategy』『I can tell』『Concrete Octopus』ほか、
著書に『漸進快楽写真家』。タカザワケンジとの共著『挑発する写真史』がある。
 
金村修 ポートレート
 
 
 
タカザワケンジ
1968年群馬県生まれ。写真評論家。
IG Photo Galleryディレクター。
著書に『挑発する写真史』(金村修との共著平凡社)、
「偶然の写真史』『Someone’s watching me』、
『昨日のウクライナ』(以上triplet)ほか。
ヴァル・ウィリアムズ著『Study of PHOTO: 名作が生まれるとき』
(ビー・エヌ・エヌ新社)日本語版監修。
WebマガジンPhoto & Culture, Tokyoで写真集編集についての
連載「写真を編む人へ」を行う。
評論のほか写真作品の制作も行ない、「非写真家」シリーズを東京、名古屋、台湾で発表。
 
タカザワケンジ ポートレート
 
 


 
 

  • 第二部:
      プリント・ヴューイング
      (当館蔵のロバート・フランクの初期作品15点など)
      15:30〜16:30
      要予約:先着20人

 
 


 
 

  • 第三部:
      トヨダヒトシ 上映作品「An Elephant`s Tail ―ゾウノシッポ」
      開催時間 → 17:45~19:00頃
      @ガーデン(雨天の場合屋内)
      要予約:先着50人
  •  

トヨダヒトシ
1990年よりニューヨークを拠点にし、
ブロードウェイ沿いの駐車場やチャイナタウンの公園、教会、劇場といった
パブリックスペースにおいて、アナログのスライド映写機を自ら操作し上映する
ライブスライドショーという形式で映像日記作品を発表しはじめる。
2000年より日本各地の美術館やギャラリーといったアートスペース、
山奥の廃校になった小学校の校庭、三内丸山遺跡、米国各地の映画祭・芸術祭、
また「ヨコハマトリエンナーレ2014」などで上映を続けている。
2012年より日本に拠点を移す。
 
広島市現代美術館
広島市現代美術館
 
 
青森県立美術館_三内丸山遺跡
青森県立美術館_三内丸山遺跡
 
★ご予約はこちら↓
kmopa@kmopa.com  TEL. 0551-48-5599
日時、参加人数、代表者のお名前と連絡先メールをお知らせください。
キャンセルの場合は、9/5(木)16:00までにご連絡ください。

 
 

イベント案内のチラシは、こちらから閲覧・ダウンロードできます。(A4両面カラー・PDFファイル)
オレンジのボタンリンクより、ブラウザの保存機能を利用してダウンロードしてください。
 
ロバート・フランク100周年記念展 <イベントチラシ>

 

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

 
 

外観バナー。正面入り口側、ガラス張りの吹き抜けに、縦に細長いバナーが「K*MoPA」と今回の企画展の名前の計2本掛かっている様子。
 

ShutDown