Curator's Choice Toggle

Curator’s Choice #4

第40回木村伊兵衛賞にYP作家2人がノミネート

清里フォトアートミュージアム 主任学芸員 山地 裕子

すでにご存知の方も多いかと思いますが、第40回木村伊兵衛賞の候補者が発表となりました。ノミネートされた8人の中に、YP作家のERICと林典子の二人がいます。

対象作品となった作品は、ERICはインドにて撮影の『Eye of the Vortex』と展覧会「GOOD LUCK HONG KONG」。林典子は、YP2013でも大きな話題となった『キルギスの誘拐結婚』です。

20150221144005-0001

ERIC『Eye of the Vortex』(渦巻きの目)2014年、赤々舎

林典子《キルギス さらわれる花嫁    町を友人と散歩していた時に、突然車に押し込まれた。大学生のファリーダ(20歳)。男の家に連れて来られると、車から降ろされ、男の親族に連れられて家に入っていく。》2012 (YP2013年度収蔵) ⒸNoriko Hayashi

林典子《キルギス さらわれる花嫁   
町を友人と散歩していた時に、突然車に押し込まれた。大学生のファリーダ(20歳)。男の家に連れて来られると、車から降ろされ、男の親族に連れられて家に入っていく。》2012
(YP2013年度収蔵)
ⒸNoriko Hayashi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ERICのインド撮影の作品は、実は2012年KMoPAにて一部をすでに展示していました。ストロボスコープを発明し、肉眼では見えない動きの世界をとらえたハロルド・エジャートン博士、閃光電球を多用して夜間に蒸気機関車を撮影したO.ウィンストン・リンク、そして日中シンクロで“人間”を浮かび上がらせるERIC。3人の作品を展示した「Flsah! Flash! Flash!」展です。

20150221135721-0001林典子《HIV/無音の世界に生きる~ボンヘイのストーリー  HIVはすでにボンヘイの脳に影響し、神経過敏、過剰行動といった症状に現れるようになった。聾唖のために周りの人間とのコミュニケーション手段が限られ、イライラすることもあり感情の抑制が難しい。》2009 (YP2011年度収蔵) ⒸNoriko Hayashi

 

 

 

 

 

 

ERIC《衝動と好奇心》2002 (YP2003年度収蔵) ⒸEric

ERIC《衝動と好奇心》2002
(YP2003年度収蔵)
ⒸEric

ERIC 《日本ファミリー》2004 (YP2004年度収蔵) ⒸEric

ERIC 《日本ファミリー》2004
(YP2004年度収蔵)
ⒸEric

 

YPにて2003年度から2010年まで毎年収蔵したERICの《衝動と好奇心》(2002−03)《日本ファミリー》(2004)《Close up》(2003-05)《everywehere》(2001-04)《一日と永遠》(2002)《coldsnap》(2006)《中国好運》(2007−08)など全34点に加えて、新作を展示したのです。新作は、タイの洪水を撮影した《LIVE WATER》と撮影を始めたばかりのインドでした。昨年出版された『Eye of the Vortex』では、そこには「Flash!」展にて展示された作品も含まれ、ERICが撮ろうとしたインドの全貌が見えています。これまでは、群衆の中から人型を抜き取るようにフラッシュをシンクロさせていたのが、インドでは、カメラを中判から35ミリに変え、群衆を群衆としてとらえていたのです。「インドではまず群衆に巻き込まれる。しかもこの群衆は、法の下の秩序ではなく、言わば、人の野性によって群れをなしている。」というERICのインドは、人と色で溢れかえり、人々の視線と息づかいのエネルギーでむせかえる —— 従来のインドの写真とは異なる、ERICならではのストリートスナップの真骨頂がそこにあります。

林典子《HIV/無音の世界に生きる~ボンヘイのストーリー  HIVはすでにボンヘイの脳に影響し、神経過敏、過剰行動といった症状に現れるようになった。聾唖のために周りの人間とのコミュニケーション手段が限られ、イライラすることもあり感情の抑制が難しい。》2009 (YP2011年度YP収蔵) ⒸNoriko Hayashi

林典子《HIV/無音の世界に生きる~ボンヘイのストーリー
HIVはすでにボンヘイの脳に影響し、神経過敏、過剰行動といった症状に現れるようになった。聾唖のために周りの人間とのコミュニケーション手段が限られ、イライラすることもあり感情の抑制が難しい。》2009
(YP2011年度YP収蔵)
ⒸNoriko Hayashi

林典子《パキスタン:酸に焼かれた人生 セイダのストーリー 7回目の手術を終え、実家に帰郷したセイダの頬にキスをする妹のエクラ(16歳)。》2010 (YP2011年度収蔵) ⒸNoriko Hayashi

林典子《パキスタン:酸に焼かれた人生 セイダのストーリー
7回目の手術を終え、実家に帰郷したセイダの頬にキスをする妹のエクラ(16歳)。》2010
(YP2011年度収蔵)
ⒸNoriko Hayashi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林典子は、2010年度から11,12,13年度まで《HIV/無音の世界に生きる〜ボンヘイのストーリー》(2009)《パキスタン:酸に焼かれた人生 セイダのストーリー》(2010)《東日本大震災-混沌と静寂》(2011)などを収蔵。『キルギスの誘拐結婚』は、大きな衝撃をもたらし、ヴィザ・プール・リマージュでの受賞をはじめ、林の仕事が世界的に評価されました。林が当館のYPに応募できるのはあと3年間可能です。彼女が次に何を考え、何を撮るのか?にこれまで以上に注目していきたいと思います。

二人の活動は、滑走路から浮上した飛行機が、今まさに全力で高度を上げているようにも見えます。YPには、ERICや林典子のような写真家が、35歳になるまで毎年繰り返して応募しています。YP展は、毎年ご覧いただくことによって、彼らの変化や成長を目の当たりにすることができます。ぜひ継続してご覧いただき、みなさまのなかに響く彼らのメッセージに耳を傾けていただければ幸いです。

 

2015022111512920150221115129

ShutDown