NEWS Toggle

本日、9月23日は午後3時にて閉館させていただきます

本日、誠に勝手ながら、台風24号接近のため、午後3時にて閉館とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願いたします。

K・MoPAチャリティ・ライブ2018を開催しました

9月16日(日)エントランスホールにて、K・MoPAチャリティ・ライブ2018「Afternoon Classic ~ フォルテピアノで聴くハイドンの歌曲」を開催しました。初期鍵盤楽器奏者の杉本周介さんと、ソプラノの原謡子さんによるステージで、約70名のお客様にご参加いただきました。

前日までの雨も止み、しっとりしたガーデンテラスの木々の緑をバックに、ハイドンの7つの歌曲が披露されました。杉本さんが奏でるフォルテピアノの、沁み入るような繊細な音色と、原さんのやわらかく澄んだ歌声が会場に心地よく響き、エントランスホールは、さながら18世紀ヨーロッパのサロンのような雰囲気となりました。ハイドンが楽曲を作曲した当時の演奏会や楽器の音に思いを馳せながら、豊かで上質なひと時を堪能しました。

曲の合間には、18世紀の音楽事情にまつわる杉本さんのトークもありました。ハイドンと歌曲の作詞者アン・ハンターに関する興味深いお話に、歴史上の音楽家を身近に感じることができました。ライブ終了後には恒例のお楽しみ抽選会を行い、杉本さんと原さんから3名の方に展覧会図録などのプレゼントが贈呈されました。また、杉本さんのご好意で、フォルテピアノの鍵盤を弾かせていただいたお客様は、モダンピアノとは異なるその感触を丁寧に確かめておられました。

 


 

 

参加募集中! K・MoPAチャリティ・ライブ2018 Afternoon Classic ~ フォルテピアノで聴くハイドンの歌曲


K・MoPAチャリティ・ライブ2018

Afternoon Classic ~ フォルテピアノで聴くハイドンの歌曲

日時:9月16日(日) 14:00~15:00   会場:清里フォトアートミュージアム エントランスホール

出演杉本周介(フォルテピアノ) 原謡子(ソプラノ)

フォルテピアノは昔の時代のピアノです。初期鍵盤楽器奏者の杉本周介が、ハイドン時代の楽器を基に復元されたフォルテピアノで当時の音色を再現します。ソプラノの原謡子による歌とともにお楽しみください。ハイドンや当時の音楽事情にまつわる楽しいトーク付きのコンサートです。


■杉本周介プロフィール 

高校卒業後米国東ワシントン大学に留学、ピアノを故ディヴィッド・ロストコスキ博士、作曲をディヴィッド・ジョーンズ博士に師事。1992 年渡欧し、スイスのバーゼルにてチェンバロをヨルク-アンドレアス・ベッティヒャー氏、オルガンをマッシミリアーノ・ラシェッティ氏に、またオランダのデンボス市にてバロック音楽理論をローランド・ディンゲン氏に学ぶ。国内では、チェンバロを故芝崎久美子氏、風間千寿子氏に学ぶ。古楽アンサンブル「コントラポント」「東京古楽団」「山梨バッハアカデミーバロックオーケストラ」等で通奏低音奏者を務める。音楽史に基づく楽しいトークを交えたコンサートを行なっている。現在八ヶ岳の麓に在住し、畑を耕したり森を歩く日々を過ごしながら、国内各地で独奏及び通奏低音奏者としての活動の他、種々の鍵盤楽器の指導も行っている。


■原謡子プロフィール

東京学芸大学芸術専攻卒。中世、ルネサンス、バロックから古典派の歌曲を中心に演奏活動を行っている。2013年レオナルド・ダ・ヴィンチ考案の幻の楽器ヴィオラ・オルガニスタの制作発表でデモンストレーション演奏、花井哲郎氏率いる中世アンサンブル「マカロン」、古楽アンサンブル「コンチェルト・ソスピーリ」、「はらむら古楽祭」(2016~2017)にて古楽アンサンブル「コントラポント」と共演、そのほか多数の古楽コンサート、古楽合唱団演奏会などでソリストを務める。そのクリアで澄んだ歌唱には定評があり、イギリス民謡をテーマとしたCD「雪下の水音」、「The Scenery of Old Songs」などを録音。古楽歌唱を花井哲郎氏に学んだほか、波多野睦美氏、クラウディオ・カヴィーナ氏、ドロン・シュライファー氏の指導も受ける。古楽関連の企画運営事務局「Musica Rosetta」代表。

 

 

参加費:一般2,000円(入館料を含む) 小・中・高校生は無料   友の会会員は無料  要予約 / 定員70名 / 全席自由

●本イベントの収益は、世界で活躍する写真家・井津建郎が創設し、当館が支援する「ラオ・フレンズ小児病院」(ラオス)、東日本大震災の被災者支援団体「むすびば」(山梨)に寄付します。

 

 

ShutDown