NEWS Toggle

3月20日 第一回高校生写真ワークショップ開催のお知らせ

 
3月20日(日)、写真家・瀬戸正人が、高校生の作品にアドバイスをします!

写真の未来を担う高校生に向けて、当館初のワークショップを開催します。現役の写真家で後進の育成に尽力する瀬戸正人のユニークで刺激的な講評を受けてみませんか?ご予約をお待ちしております。
 

狩野 萌(1992) MARIA Y MEGUMI SOUTH AMERICA 2016 (2021年度ヤング・ポートフォリオにて収蔵) ⒸMegumi Kano

 
 

■■■高校生写真ワークショップ(全3回)■■■

  • 第1回 2022年3月20日(日)13:00~15:00

 講師: 瀬戸正人(写真家 / 当館副館長)

 会場: 清里フォトアートミュージアム

・参加費・入館ともに無料

・対象:高校1年生から3年生まで

・実施内容:各自USBに50枚~300枚の写真作品を保存し、当日ご持参ください。講評を行います。

・ご予約方法:1.お名前 2.高校名 3.ご連絡先を下記までメールください
 宛先:info@kmopa.com
 清里フォトアートミュージアム 「高校生写真ワークショップ」係

・定員:先着30名

  • 第2回、3回の開催予定は随時発表いたします。本ワークショップの詳細は当館公式HPをご覧ください。

 
 

瀬戸正人(タイ/日本、1953-) 写真家、清里フォトアートミュージアム副館長

タイに生まれ、父の故郷福島県に移り住む。写真家として活動しながら、自らの発表の場として東京にギャラリー「Place M」を開設、後進の育成のためワークショップを多数行う。おもな受賞歴に日本写真協会新人賞、第21回木村伊兵衛写真賞、第37回写真の町東川賞国内作家賞。当館の公募「ヤング・ポートフォリオ」選考委員長。

清里フォトアートミュージアム(K・MoPA/ケイモパ、山梨県北杜市)は、ヤング・ポートフォリオ(YP)と題し、世界の35歳までの青年の作品を公募・購入・展示する文化活動を行っています。

3月21日「2021年度ヤング・ポートフォリオ展」ギャラリー・トーク開催のお知らせ

 
3月21日(祝・月)、清里フォトアートミュージアムでギャラリー・トーク開催!

ヤング・ポートフォリオ(YP)は、清里フォトアートミュージアム(K・MoPA/ケイモパ)が世界の35歳までの青年の作品を公募・購入・展示する文化活動です。世界27カ国(278人)、7,285点の応募作品のなかから昨年厳選された106点(21人)を展示する「2021年度ヤング・ポートフォリオ」展。ギャラリー・トークでは、YP選考委員の瀬戸正人が、作品のみどころや世界の写真の最前線について語ります。
 

ジェシー・エグナー(アメリカ、1993)《無題》〈性同一化〉シリーズより 2019 ⒸJesse Egner

アレクサンドル・エゴロフ(ロシア、1987)
《食べ物(パイとサラダののった白いテーブルクロス)》2018 ⒸAlexander Yegorov

 
 

■■■ギャラリー・トーク@KMoPA■■■ *参加費無料

「ヤング・ポートフォリオとは ~世界の若手写真家の “いま”~」
講師:瀬戸正人(写真家 / 当館副館長)×山地裕子(学芸員)

  • 2022年3月21日(祝・月)13:00~14:00 / 清里フォトアートミュージアム展示室
  • 入館料、トーク参加費ともに無料
  • ご予約不要 / 当日は12:50までに当館受付前にお集りください。

 
瀬戸正人(タイ/日本、1953-)写真家、清里フォトアートミュージアム副館長
 タイに生まれ、父の故郷福島県に移り住む。写真家として活動しながら、自らの発表の場として東京にギャラリー「Place M」を開設、後進の育成のためワークショップを多数行う。おもな受賞歴に日本写真協会新人賞、第21回木村伊兵衛写真賞、第37回写真の町東川賞国内作家賞。「ヤング・ポートフォリオ」選考委員長。


 

3/21(祝・月)10:00~16:00 「百番珈琲」出店
北杜市を中心に、自作の木製フードトラックで自家焙煎コーヒー豆を使用したハンドドリップコーヒーを移動販売する「百番珈琲」 が当館エントランスに。
ガーデンでほっと一息、いかがですか?

Facebook:https://www.facebook.com/hyakubancoffee/
Instagram:https://www.instagram.com/hyakubancoffee/

 
 

2021年度ヤング・ポートフォリオ サテライト展のトーク動画をご覧ください

 

 
 

新宿のPlace Mにて開催中の「2021年度ヤング・ポートフォリオ サテライト展」では
21人のYP購入作家による各1点(全21点)を1月23日まで展示中です。
1月10日のオープニング・イベントには、YP購入作家も参加くださいました。
副館長の瀬戸正人とYP作家たちのトーク動画を、下記よりご覧いただけます。

 
 

清里フォトアートミュージアム2021年中・ポートフォリオサテライト展at Place Mトークイベント

 
 

そして、1月10日からスタートした本年度(2022年度)の公募ヤング・ポートフォリオ。
2022年1月17日現在、すでに海外からたくさんの作品が届いています。
初めての応募があった国はエジプト、そのほか欧米、南米、アジア各国からも続々とデータが集まっています。高校生からの応募もありますので、35歳以下の方は勇気をもってチャレンジください!

 

ShutDown