NEWS Toggle

<マグナム・フォト東京支社代表、久保田博二氏ご来館>

開催中の「未来への遺産:写真報道の理念に捧ぐ」展のベースとなった1967年の“The Concerned Photographer”展。同展が翌1968年東京へ巡回した際に奔走したのが20代の久保田博二さんでした。本日、約50年ぶりにこれらの作品と再会。久保田さんが、アンドレ・ケルテスの作品の中で最も好きな写真の一枚《モンドリアンの部屋》の前で。久保田さんは、ケルテスが1968年来日した時に知り合い、生涯にわたり深い親交を持っていたそうです。

_DSC1120

 

 

 

 

 

 

 

展示中のプリントについては、「(それぞれの作品の意味や写真家の個性が)“わかっている人”が焼いていますね。」と、ヴィンテージとして素晴らしいプリントであることにも驚かれていました。

見終わってから、「いい写真はタイムレス、時代を超えるんですね。」と、感慨深げに。ちょうど居合わせた新聞記者の方に、感想を尋ねられ「(展覧会タイトルの)写真報道っていうところにまず『おっ』と思いました。いわゆる報道写真じゃない。もっと何か広く深い意味合いがある。写真について学んでいる人、考えている人にぜひ見ていただきたい。」また、遺産というタイトルについては、「遺産で良いんじゃないですか。細江英公さんが館長をしているK・MoPAにコレクションされ、展示されることに意義があると思います。20周年としてふさわしい。なぜなら過去20年の展覧会やK・MoPAが築いてきた伝統に合っているから。」と大きなエールをいただきました。

_DSC1118

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに久保田さんご自身も、1960年代から50年にわたる仕事をカバーした500ページにわたる写真集がAperture社から出版されたばかり。(ご自身の手にお持ちです)この秋にはニューヨークにて展覧会も開催されます。この写真集を見ながら、また撮影アイデアがふつふつと湧いて来たとか。今後のご活躍が楽しみです。

_DSC1146

8月10日、ピンホールカメラ・ワークショップ終了しました

3日間連続で開催したピンホールカメラ・ワークショップ。本日も参加者全員が写真を仕上げることができました。無事ミッション終了し、スタッフもホッとしています!
小学生の感想には「光でいろんなことができるんだなって思いました。」とか「撮影に時間がかかるって初めて知りました。」など。まさに写真の“原点”を身体で感じていただくことができたようです。お父さん、お母さん方も大変お疲れさまでした!
作品は、木村湧日君(小3)と、お二人のお嬢様と一緒にご参加くださった水谷裕一さんによるものです。

撮影:木村湧日君

撮影:木村湧日君

木村湧日君のネガ。 ネガも面白いですね。

木村湧日君のネガ。
ネガも面白いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影:水谷裕一さん

撮影:水谷裕一さん

お嬢さんお二人と一緒に撮影する水谷裕一さん。シャッターを開けて・・・

お嬢さんお二人と一緒に撮影する水谷裕一さん。シャッターを開けて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田村学芸員の講評を聞く木村湧日君。

田村学芸員の講評を聞く木村湧日君

暗室にて。引き伸ばし機を使って、ネガともう一枚の印画紙を重ねて露光します。

暗室にて。引き伸ばし機を使って、ネガともう一枚の印画紙を重ねて露光します。

8月9日、ピンホールカメラ・ワークショップ継続中!

昨日2日目を終了。ワークショップでは、まず「ピンホールの部屋」へ入り、カメラの内部を体験します。
カメラ作りの後は、はじめての暗室作業。まずは、「印画紙」がどういうものなのかを知っていただくために、手のひらをかざしてフォトグラムを作ります。現像液のなかで、黒く変化していく印画紙に、白い手のひらが現れる瞬間は、毎回歓声があがります!
昨日も親子でのご参加が大変多く、お母様のやや心配そうな眼差しを背中で受けとめながら、お子様方もみんな頑張りました! 本日の作品は、光線モレなどでなかなか画像が出なかった野秋勇太君(小6)によるものです。最後まで粘って結果を出しました。良かった、良かった!

ピンホールの部屋でピンホールカメラの内部を体験

ピンホールの部屋でピンホールカメラの内部を体験

 

 

 

 

 

 

 

印画紙の上に手のひらを乗せて・・・

印画紙の上に手のひらを乗せて・・・

 

 

 

 

 

 

 

一瞬明かりを付けて、すぐ消します。

一瞬明かりを付けて、すぐ消します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その印画紙を現像液に浸けると、手のひらを乗せた部分が白く残り、周辺が黒くなりました。印画紙の働きがわかりますね。これが「ネガ」となります。また同時に「フォトグラム」という技法でもあります。

その印画紙を現像液に浸けると、手のひらを乗せた部分が白く残り、周辺が黒くなりました。印画紙の働きがわかりますね。これが「ネガ」となります。また同時に「フォトグラム」という技法でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影:野秋勇太君

撮影:野秋勇太君

ShutDown